バイク買取口コミ


バイク買取店の中古車査定、下取り時に気を付けたほうがいい事。
今でも多くの方がバイクを売却する時に「下取り」として買取って貰います。

この時に気を付けて欲しいのが、中古車の買取価格は下取りが高い訳では無いと言うことを知っておいてください。
中古バイク買取は、基本的に業者オークションの落札価格が元になっているので、下取りだから高く買い取れると言うのは、「ある面では有っている」けど「ある面では適応出来ない」事があるのです。

>>あなたのバイクは幾ら?見積もりだけOK!<<

バイク買取口コミ

どういう事かと言うと、下取りでバイク買取をする時に、その車両を「下取りするお店でそのまま売ることが少ない」という事実です。
この意味が分かりますか?
バイク屋さんは地域の人が集まったり、地域の人にバイクを購入して貰う場所なので、絶対にマイナスな評判は避けたいのが前提に有ります。
いわゆるお客さんの口コミによるイメージダウンです。
昔はヒソヒソ話で済んでいたのが、最近はSNSで拡散されるので、悪いイメージがつくと、今後の新規客に影響してきます。

本人が知らなくても、友人知人に相談した時に、「あそこはやめた方が良いよ」と言われて行く人はまれだと思います。
そんな商売でも新規が減ると商売は傾いてきます。
川から流れ込んでいた水が干上がると、池の水が干上がる様に、新規客はとても大事です。

特にバイクはなんだかんだ言っても若い子がまだまだ多く、若い子を捕まえきれないバイク屋は淘汰されてしまいます。
「あそこのお店は安く買取って高く売ってる。」「だったらもう少し下取り価格を上げて欲しいのに」と普通の人は思います。
20万円で買い取ったCB400SFを40万円で店頭に並べると、大きな問題を引き起こします。

>>あなたのバイクは幾ら?見積もりだけOK!<<

バイク買取口コミ

中には頭が悪いのか、そのまま販売するお店もありますが、お客さんの心理的な壁を自ら作る事になるので、普通は近くのバイク屋さんなどに流したり、同じ位の車両と交換したりします。

ですので、レッドバロンも、買取ったバイクをそのまま買取ったお店に並べることは普通やりません。
店舗数が多いのでシャッフルして近くのお店と入れ替える事で、潤滑に運営しているはずです。

僕だったら嫌ですもの。
「どうして20万円が40万なの?」と思います。
昔、イタリアの赤い大型バイクを乗っていて、バイク屋さんで中古で65万円で購入して、半年で下取り(どうしても欲しいバイクが有ったので)、その時に35万円で下取り、そのまま直ぐに店頭で65万円で販売された事が有ります。

あれは正直、信頼を無くしました。
もう二度とここで売らないと決めた瞬間でした。
「見なくて良いものは見たくない」「知らせなくて良い事は知らせない」
これが人間社会の常識です。

>>あなたのバイクは幾ら?見積もりだけOK!<<

バイク買取口コミ